県、上山市、東北芸術工科大、県すまい・まちづくり公社が展開する空き家再生事業が本格化している。公社が空き家を買い取り、芸工大のデザインの下で改装して販売する試みで、上山市南町内の空き家を第1号物件に工事が進む。県内市町村の空き家対策担当者を招いた現場見学会が20日、現地で開かれた。  4者は今年3月、空き家の流通促進を図るための連携協定を締結した 2018/06/21 2:01