新庄の春の風物詩で、今回は体長50センチ弱の大ぶりのロシア産を約5千匹用意。もくもくと煙が上がる中、担当者が小まめに魚の裏表を変えるなど調整をかけ、じっくり焼き上げた。  引換所には来場者が列をつくり 2017/04/29 10:35