Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

いろいろあったね2017年 「笑い」が平和つくる 護得久栄昇さん~民謡歌手にふんする芸人

2017/12/30 21:10
77 0

 2017年の大みそかを迎えた。演芸集団FEC所属で今年ブレークした大物民謡歌手キャラクター護得久栄昇さんや、オール沖縄会議共同代表の玉城愛さん(23)は、安室奈美恵さんの引退表明、相次ぐ米軍の事件事故が印象に残ったという。64年続いた那覇市樋川の農連市場が閉鎖し、11月に新たな「のうれんプラザ」が誕生した。64年働いてきた金城初子さん(84)は、移転先でも店先に立つ。3人にそれぞれの視点で今年1年を振り返ってもらった。

 辺野古で座り込みをする人たちの粘り強さを改めて感じたよ。自分で考えやりたいことを一生懸命続ける。それが結果を生むことにつながると考える。私自身、悩むことは多くあったが芸を続けて来てよかったと、「継続は力なり」を実感した1年だったね。

 オール沖縄会議共同代表の玉城愛さん(23)に2017年の1年間を振り返るコメントを依頼したところ、米軍ヘリからの部品落下や高江米軍ヘリ炎上、米軍属女性暴行殺人事件などへの思いが寄せられた。

 想像できますか。何よりの生きがいであった娘の命を奪った人間が、自身の目の前に立っていることを。米軍機から落下した部品が、目の前に落ちてくることを。30年かけて耕し肥やした牧草地が、もう元には戻らないということを。

 新しい市場に移ろうか、辞めようか、本当に最後の最後まで迷ったよ。前の市場にも11月中旬くらいまでいたよ。息子が「健康のために続けた方がいい。ずっと家にいるより、市場でみんなと話して1日過ごした方がいいよ」って言うからさ、そうしたわけ。

 (新市場への)引っ越しねぇ? 引っ越しは息子がやってくれたから忙しくはなかった。商売も忙しくはないよ。買いに来る人も前の市場と変わらない。昔と比べたらだいぶ少なくなっているね。前の市場では通り沿いの場所でお店を出していたけど、今は奥側だから、前のお客さんがわざわざ探して来てくれるよ。分かりにくいみたい。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0