Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

かかしも乗ってユーモラスに 田辺市中辺路町にわら塚

2018/11/02 8:01
9 0
かかしも乗ってユーモラスに 田辺市中辺路町にわら塚

 和歌山県田辺市中辺路町近露の田んぼに、稲わらを積んだ「わら塚」が登場した。手を振っているように見える「かかし」も乗っており、熊野古道が通る山里を訪れた観光客らを歓迎している。

 秋の恒例イベント「熊野古道平安の郷 近野まるかじり体験」(3日)に向け、昔ながらの山里の風景を再現して催しをPRしようと、主催する実行委員会(尾中彦孝実行委員長)が毎年わら塚を制作している。家畜の餌や肥料などにする稲わらを保存しておくためもので、地元では「ススキ」と呼ばれている。

 地域住民が協力し、熊野古道なかへち美術館近くの田んぼに高さ約2・8メートルのわら塚を三つ制作。ユニークな表情やしぐさをした5体の「かかし」も上に乗せたり、横に立たせたりしている。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0