Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「だらしない」怒られ続けた2年4カ月 応援団長で挽回

2017/08/13 9:52
3 0

 仲間は見捨てなかった。「自分たちの問題は、自分たちでクリアする」のが部のルール。同学年の河原は提出物ができるまで練習に行かずに待ってくれた。走るのが苦手で、冬恒例の制限時間走でタイムオーバーになりそうになると、先にゴールした福永が手を引っ張ってくれた。

 恩返しがしたいと思っていた。2年の冬、仲間と近くの漁港でアルバイトした。重さ20キロの積み荷を朝9時から夕方まで運び続ける。力仕事なら得意だ。会社の人から「仕事が早いね」と褒められ、気づいた。「自分にできることをやりきることが大事」。それからの練習の準備と片付けは、誰よりも早く取りかかった。山口大会前にメンバーを外れたが、監督から応援団長を任された。

 実は、関西にきてからもバスで居眠りをしてしまった。悪い癖は直っていないけれど、挽回(ばんかい)のすべは心得ている。この日、負けたけどアルプス席で人一倍声を張りあげた。試合後のインタビュールームでは、泣きじゃくる仲間をよそに、一心不乱に道具を片付けた。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0