Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「はるか」「アンコール」…聞きなれないカンキツ系の“先祖”を調査!

2018/03/23 5:00
27 0
「はるか」「アンコール」…聞きなれないカンキツ系の“先祖”を調査!

春が近づくにつれ、果物売場はみかんに代わってオレンジ色の大きな果実が幅を利かせるように。でも最近のカンキツ系は「はるか」「アンコール」に「マーコット」など、知らない名前がいっぱい……。「もはや何が何だかわからない」という読者のために、200人の“みかん好き”を擁する「東大みかん愛好会」のみなさんに、教えを請うことにした。

そもそもカンキツとは、日本で誕生した温州みかんなどの「みかん」群、インド原産のバレンシアオレンジなどの「オレンジ」群、そしてみかんとオレンジの交雑種の「タンゴール」群などの総称。

一般的に「みかん」と呼ばれるのは、日本で誕生し、明治時代から盛んに栽培されている「温州みかん」のことだ。現在も日本のカンキツ出荷量の約7割が温州みかんだという。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0