Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

アングル:北朝鮮の核開発、どこまで進んでいるのか

2017/09/04 8:56
69 0
アングル:北朝鮮の核開発、どこまで進んでいるのか

[3日 ロイター] - 北朝鮮は3日、通算6回目で過去最大規模となる核実験に踏み切った。性能を向上させた水爆実験に成功したと主張する同国の核開発はどこまで進んでいるのだろうか。グラフィックスにまとめた。

同国はすでに核燃料サイクル技術や、兵器利用可能なプルトニウムや濃縮ウランの生産能力を有している。同国の核開発プログラムで中心的な役割を果たしているとみられるのが、寧辺にある原子炉および再処理施設だ。

金正恩氏が政権の座につくと、ミサイル発射・核実験が頻繁に行われるようになった。3日に行われた6回目の核実験は、昨年9月に行われた時に比べて何倍も強力なものであったとみられている。

ノルウェーの非営利団体、ノルウェー地震観測網(NORSAR)は、今回の爆発の規模を120キロトンだったと推定している。広島と長崎に投下された原爆の威力が15キロトンとされており、いかにすさまじい威力だったのかがうかがえる。

北朝鮮は、性能を向上させた「巨大な破壊力のある」水素爆弾を開発したと主張している。熱核爆弾とも呼ばれる水素爆弾の破壊力は、数千キロトンにも及ぶ。

北朝鮮の核実験は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載可能な、核弾頭の小型化に向けた過程の一部と考えられる。北朝鮮は1000発をはるかに上回るさまざまな射程のミサイルを保有している。

また、お読みください。 ミサイル発射の裏で「富の収奪」 北朝鮮、広がる混乱

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0