Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

イラクで民兵27人死亡 ISが待ち伏せ襲撃か

2018/02/20 1:39
3 0

 イラク北部キルクーク近郊で18日夜、イスラム教シーア派の民兵組織が襲撃を受け、兵士少なくとも27人が死亡した。過激派組織「イスラム国」(IS)が19日、系列メディア「アマク通信」を通じ犯行を主張した。犠牲者を出した民兵組織の指導者は「テロリズムはいまだ存在する」と述べ、ISのさらなる攻撃に対し警戒を呼びかける声明を出した。

 ロイター通信などによると、ISは警察の制服を着て変装し、民兵組織を待ち伏せしたという。アマク通信は「車両6台を破壊し、30人以上を殺害した」としている。

 イラク政府は昨年7月、ISの国内最大拠点だった北部モスルを奪還。12月には国内西部にあったIS拠点も解放し、アバディ首相がIS掃討の「完了」を宣言した。シーア派の民兵組織は、政府軍とともに掃討作戦に参加していた。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0