Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ウクライナ東部、親ロ派リーダーが爆弾で殺害される TBS NEWS

2018/09/02 3:00
4 0

 先月31日、ウクライナ東部ドネツクのカフェで爆発があり、親ロシア派のリーダーで、一方的に独立を宣言した「ドネツク人民共和国」の元首を名乗るアレクサンドル・ザハルチェンコ氏とボディガードが死亡しました。

 ザハルチェンコ氏は、親EU派がウクライナの政権を奪ったことを受けて親ロシア派が武装蜂起した2014年から現在の地位にあり、親ロシア派の主要人物の1人でした。

 ウクライナ政府と親ロシア派の間では2015年に停戦が合意されましたが、散発的な戦闘は続いていて、今回のザハルチェンコ氏の殺害でさらに緊張が高まる可能性もあります。

出典: news.tbs.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0