Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

スカイマーク、違約金200億円で大筋合意 エアバスと

2014/10/02 20:23
81 0
スカイマーク、違約金200億円で大筋合意 エアバスと

 世界最大の旅客機「A380」の購入契約をめぐり、国内航空3位のスカイマークが製造元のエアバスから違約金を求められていた問題で、両社が違約金を200億円規模にすることで大筋で合意した。10月中の最終合意をめざす。スカイマークは倒産や身売りといった事態はまぬがれるが、年間売上高の4分の1の資金を失うダメージは大きい。

 関係者によると、9月末に西久保慎一社長が渡仏して、エアバス幹部と協議した。エアバスは当初700億円規模の違約金を求める構えだったが、「スカイマークの経営に影響を与えない金額にする」として、前払い金としてすでに受け取った約230億円の範囲に収める考えを示したという。造りかけの2機はエアバスが他の航空会社に売る見通しがたち、態度を軟化させた。

 違約金の額は200億~230億円を軸に最終調整している。スカイマークは2014年9月中間決算で特別損失を計上する方針。違約金を支払うため新たにお金を調達する必要はなくなり、当面は経営を続けられる見通しだ。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0