Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

スライダー2種操る「秘密兵器」冬に球速20キロアップ

2018/08/10 12:49
8 0

 九回の最大のピンチでも2種類のスライダーを信じた。1死一、二塁。本塁打なら同点だが「打たれる気はしなかった」。左の代打・佐々木へは直球を軸に追い込み、内角低めへストライクからボールになる123キロで空振りを奪った。次打者へは緩い117キロで入り、最後は内角速球で詰まらせ遊飛に打ち取った。

 2種の宝刀は「(ボールの)回転数を多くするために、人さし指を立てて投げるかどうかの違い」と、投げ分けている。他の変化球はほとんど使わず、9回1失点。チームを初出場初勝利に導いた。

 じつは、奈良大会の初戦が公式戦初のマウンドだった。「チーム一走った」と冬場の走り込みで球速が20キロ近く上がり、春の県大会でも背番号1を背負ったが、試合前のキャッチボールで思わぬけがに見舞われた。ボールがイレギュラーして左耳に当たり、6針縫うことに。治った時にはすでにチームは負けていた。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0