Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

トランプ陣営の元選対本部長が司法取引 ロシア疑惑

2018/09/14 16:11
3 0

 2016年の米大統領選挙のトランプ氏陣営で選対本部長を務めたポール・マナフォート被告が14日、司法妨害などの罪を認めた。マナフォート氏はこれまで起訴内容の否認を続けていたが、ロシア疑惑を捜査するマラー特別検察官と司法取引で捜査に協力する見通しになった。

 マナフォート被告は先月、脱税などの罪で有罪評決を受けていた。さらに、ウクライナでのコンサルタント業務に関係する資金洗浄の罪などに問われ公判が予定されていたが、マラー氏に協力することで今後の公判を避ける形になる。

また、お読みください。 米大統領、ロシア疑惑文書の機密解除見直し 司法省が懸念

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0