Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ドル108円半ば、英ポンドは買い戻し一巡で反落

2019/01/16 6:41
68 0

[東京 16日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108円半ば。ドルは日経平均の下げ幅拡大や実需筋のドル売りを受けて、一時108円前半まで軟化し、上値の重さが意識された。

英ポンドは、メイ首相の欧州連合(EU)離脱協定案を下院が予想通り否決したことを受け、いったん買い戻しが強まったが、その後は利益確定売りが流入し、上値が抑えられた。

朝方の取引で108円後半を推移していたドルは、仲値通過後に108.37円ときょうの安値をつけた。日経平均の下げ幅拡大や、輸出企業によるドル売りが背景だという。また、前日発表された1月のNY州製造業業況指数が2017年5月以来の低水準をつけ、製造業の活動が一段と鈍化していることが確認されたことも、ドルに対するセンチメントを冷やした。

英ポンド/円は、早朝の取引で、メイ首相の欧州連合(EU)離脱協定案を下院が予想通り否決したことで買い戻しが強まり140円付近まで上昇した。しかし、その後は利益確定売りが先行し、いったん138円後半に反落。現在は139円半ばまで反発している。

ボラティリティの高いポンドの動きは「想定内」(FXアナリスト)との意見が複数聞かれた。ただ、「今回の投票が何の解決にもなっていないことは明白。政治的な不透明感が増しただけ」(外銀)と、先行きを警戒する声が出ていた。

みずほ総合研究所欧米調査部上席主任エコノミストの吉田健一郎氏は「交渉の先行きは極めて不透明なものとなった。今後の展開も流動的。政府は新方針を21日までに発表するが、どのような方針を提示するかは明らかとなっていない」と指摘。今後については、1)EUと再交渉、2)解散・総選挙、3)再国民投票、4)交渉打ち切りによる合意無き離脱──の4つの可能性を挙げている。

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0