Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「美容院で注文通りいかず…」

2017/12/04 4:30
1 0
ハイブリッド弁護士のお悩み相談「美容院で注文通りいかず…」

今回は、「債務不履行」(民法415条)が成立するかどうかが決め手です。成立した場合、貴女は美容院に対して、やり直しや返金を求めることができます。債務不履行というのは「正当な事由なく、債務者が債務の本旨に従った履行をしないこと」です。

今回の場合、「債務者」はサービスを提供する側=美容院となります。そして、「債務の本旨に従った履行をしないこと」を平たく言うと、「約束どおりにカット・パーマをしなかったこと」になります。

では、貴女と美容院との間では、最初にどんな約束が交わされていたのでしょうか。まず貴女は「真木よう子にして」と頼んだとのこと。もっとも、貴女が実際に真木よう子さんになれるわけではありませんから、美容院にできるのはあくまでも「真木よう子っぽい髪形」にするところまでです。

今回のケースで気になるのは、近所の子どもたちが貴女を指さして「ピコ太郎」と評したところ。さすがに真木よう子さんの髪形とピコ太郎のパンチパーマとは明らかに違いますから、債務不履行が成立するようにも思えます。

文面から察するに、貴女もきっと、大阪の女。ヒョウ柄の服をお持ちのような気がしますから、いっそのこと開き直って、女性版ピコ太郎を目指しては? そして、世界を狙ってください。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0