Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「バリアフリー観光」南陽でぜひ デンマーク私立学校の関係者視察|山形新聞

2017/11/14 0:18
4 0
「バリアフリー観光」南陽でぜひ デンマーク私立学校の関係者視察|山形新聞

 障害者や高齢者に優しい観光地づくりに取り組む山形バリアフリー観光ツアーセンター(南陽市)は来年4月、デンマークの私立学校の修学旅行生を同市に招く。障害のある学生も訪れるため、行政や観光業関係者と連携して受け入れ、バリアフリーが進んだ観光地として同市を国内外に発信する。

 修学旅行で訪れるのは「エグモント ホイスコーレン」の学生、教員合わせて35人ほど。欧州に広がる成人教育機関の一つで、全寮制の校内に暮らす約200人のうち半数が障害者だという。障害の有無に関わらず登山や球技などの体験型授業を受講でき、健常者の学生がヘルパーとして仲間を支えている。同センター代表理事の加藤健一さん(36)=同市椚塚=が今年7月、静岡県で開かれた同校のサマーキャンプに参加した縁で、修学旅行の誘致が実現した。

 13日には同校の日本人教員ら関係者3人が同市を訪れ、熊野大社やワイナリーなどを視察した。南陽スカイパークではパラグライダーのタンデム飛行専用車いす「フライチェア」に試乗し、市内でパラグライダースクールを開く金井誠さん(54)から説明を受けた。同校教員の深沢理恵子さん(41)は「脳性まひでも空を飛べると知って驚いた。障害のある学生にぜひ体験させたい」と声を弾ませた。14日は市役所を訪問する。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0