Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

パンダリレー、代役がゴール 主役は行方不明に

2018/09/12 8:02
24 0
パンダリレー、代役がゴール 主役は行方不明に

 ぬいぐるみを人から人へ渡してつなごうという和歌山県紀南地方の有志団体による企画「パンダリレーの旅」は10日、すさみ町のキャラクター「すさみん」の人形が町に返ってきたことでゴールとなった。当初はパンダのぬいぐるみを6月に白浜町からスタートさせたが「行方不明」になり、団体が7月、すさみんの人形を送り出していた。

 有志団体「紀州ひろげ隊」(西川福美会長)の企画。受け取った人にソーシャルメディアで写真を投稿してもらい、和歌山の魅力を発信しようと考えた。ぬいぐるみ(人形)のほか、みなべ町や田辺・西牟婁の各市町の情報を載せたチラシを入れたバッグをバトンにした。

 すさみんの人形は出発後、和歌山市や兵庫県西宮市、大阪市などを経て、すさみ町に戻った。最終走者となった田辺市新庄町の会社取締役小西ゆかりさん(46)を含め、男女9人が人形をつないだという。

 すさみ町江住の「道の駅すさみ」でリレーのゴールを記念する式典があり、団体のメンバーらが小西さんを迎えた。小西さんは「最後のランナーになれて光栄に思う。すさみんが無事に返ってよかった」と話した。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0