Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ヒデ超えなるか? 16強入りなら日本勢最多出場更新も

2018/06/23 0:10
9 0

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本は初戦でコロンビアを下し、2大会ぶりの1次リーグ突破に向けて一歩前進した。16強入りできれば、日本勢のW杯出場試合数の最多記録が生まれる可能性がある。

 これまでの単独1位はイタリアなどで活躍したMF中田英寿の10試合。日本が初出場した1998年フランス大会に21歳で全3試合にフル出場。02年日韓大会は1得点を挙げるなど日本初の16強入りに貢献し、06年ドイツ大会を含めて、3大会で記録した。

 今回のW杯で3大会連続となるGK川島永嗣、DF長友佑都、MF長谷部誠、FW本田圭佑、FW岡崎慎司の5人は、中田に並べるチャンスがある。19日のコロンビア戦にそれぞれ出場し、通算8試合。2002年日韓大会などで活躍したMF稲本潤一(札幌)の2位に並んだ。

 5人は苦楽をともにしてきた。下馬評を覆して16強した10年南アフリカ大会で4試合、かつてない期待を集めたが1次リーグ敗退に終わった14年ブラジル大会で3試合に出場。19日のコロンビア戦は川島、長友、長谷部がフル出場で勝利に貢献。途中出場の本田はCKで決勝点をアシストし、岡崎も終盤に出た。

 出場時間も歴代1位は中田英の894分。川島、長友、長谷部の3人は1次リーグの残り2試合にフル出場できれば、中田英の記録を塗り替えることになる。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0