Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「メイド・イン・ジャパン」外国人頼み 最多128万人

2018/10/21 19:58
4 0

 国内の労働現場で「外国人頼み」が急速に強まっている。働き手のうち、外国籍の労働者が占める割合は2017年は「51人に1人」に達し、リーマン・ショック後の09年と比べ2・2倍になった。食料品製造業で高く、「13人に1人」を外国人が占めている。少子高齢化に伴う労働力の先細りを、外国から来た技能実習生や留学生が補う。高品質を世界に誇る「メイド・イン・ジャパン」を、現場で外国人が支える構図だ。

 民間シンクタンクの三菱UFJリサーチ&コンサルティングが、政府統計を元に外国人への「依存度」を分析した。外国人労働者は17年、前年より18%増の約128万人と過去最高に達し、どの産業でも依存度が軒並み上昇している。

 09年は国内の働き手の112人に1人が外国人だったが、17年に51人に1人と依存度は2・2倍になった。製造業の高さが目立ち、約38万人の外国人が働き全就業者の27人に1人を占める。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0