Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

リスザルとイルミネーションのWで癒やされたい方はこちら!〈ホロヨイ泡盛♡あずさのオススメ〉vol.19

2017/12/07 3:00
2 0
リスザルとイルミネーションのWで癒やされたい方はこちら!〈ホロヨイ泡盛♡あずさのオススメ〉vol.19

 東南植物に行ったら必ず訪れてほしいポイントのひとつ、ユスラヤシ並木。1968年、東南植物楽園の創業者 大木 正宗氏が台湾からユスラヤシの種を持ち帰ってきたことが始まりだそうです。数年後、ユスラヤシが高く育ち、並木道が整備され、現在のユスラヤシ並木ができたとのこと。その数は、約3000本!高さは、最大25mもあるんです!木肌に触れてみると、まるで木が呼吸しているかのような生命力の強さを感じました。天空へと真っ直ぐに伸びるユスラヤシ並木、ゆっくり歩きながら写真を撮るのがオススメです。

名前は「テンズー」。お父さんの「テンテン」、お母さんの「アズー」を組み合わせて命名されたそうです。好奇心旺盛で元気いっぱいのテンズー!エサを持っていると肩の上に乗ってくるので、それがたまらなく可愛いのです。時折、自分の肩をトントン叩いて合図をすると、肩に乗ってくる場合もあります。飼育員さんによると、コモンリスザルの体に触ろうと手を出してしまうと噛まれてしまう恐れがあるので、肩の上に乗ってきてもそっと見守るのがオススメとのこと。

私がカピバラにエサをあげていると、エサの入ったカップに手を伸ばして、すぐさまエサを食べてしまいました。エサを購入して5分も持たず…。カピバラ用のレタスも取られてしまいました。ごめんね、カピバラちゃん。

ミス沖縄の先輩でもある一葉さんと初共演! オープニングはいつも以上に緊張しました…! 泡盛で乾杯したあとは、ホロヨイ気分でゆんたくスタート。今回のテーマは「ドキッとする瞬間」でした。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0