Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

ロイター記者の実刑判決、高裁が支持 ミャンマー

2019/01/11 14:00
5 0

 「国家機密情報に触れた」としてミャンマーのロイター通信記者2人が懲役7年の実刑判決を受けたことをめぐり、記者側から上訴を受けていたミャンマーの高等裁判所は11日、一審の判決が妥当とする判断を示した。ミャンマーは三審制で、最高裁判所まで上訴することができる。

 2人は2017年12月、警察官から機密文書を受け取ったなどとして逮捕、起訴され、18年9月に実刑判決を受けた。2人は「渡された文書を見ていない」「機密とされた情報の多くは国営メディアで報じられている」などと無罪を主張。昨年11月、高裁に上訴していた。ロイター通信は高裁の判断に対し11日、「権力が事実を隠蔽(いんぺい)しようとしている」との声明を出した。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0