Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

中国人の絵と、コミュニケーション能力

2017/09/29 6:33
40 0
中国人の絵と、コミュニケーション能力

 私はいつもそうなのですが、収録が始まると、もう新しいネタをどんどんお伝えしたくて頭がいっぱいなので、数少ない収入につながるはずの、自著の宣伝活動にさえ脳みそが回っていないんです。

 私も、ちょっといたずら程度に、文字手書き入力用マウスパッドに、指先でクルマを描いてみましたが・・・・文字用マウスパッドは難しい(^_^;)

 具体的には、取り調べの中で、地図や当時の情況などを把握するため、絵を描かせるのですが、中国人の多くは、これまたやはり小さいときからお絵かきで遊ぶことが少ないので、大人になってもまったく絵が描けません。

 本人にはわかっているのですが(絵に限らず、会話も相手もわかっていることを前提に一方的に話しますので、通じていないことが多々あります)、特に福建人は絵がひどかったですよ。

 ひどいのになると私が中国人に漢字を指導しながら仕上げたりしていたのですが、こうしたやり取りに加え、その供述に嘘が混在していて、おまけに本人自身、自分がついた嘘を忘れたりもして供述が破綻しますから、これを調書化する刑事も大変(^_^;)

 体力勝負の建設業が人手を必要とするのもオリンピックが始まる手前までの話、その後は通訳やホテル、飲食店などの接客業が、コミュニケーション力の高いおもてなし要員を必要とするため、文字も絵も書けない外国人は行き場をなくし、食うに困れば犯罪にも走り、使い捨てにされるでしょう。

 オリンピック前後に各県下10署ほどがそういう状態になると1県で1日350万~400万ほど、東京・大阪・名古屋とその隣接県警で計算すると、まあ通訳だけで1日4000万~5000万はぶっ飛びそうですね。

出典: vpoint.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0