Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

中国、1585項目を関税下げ 米国との違いアピールか

2018/09/30 14:51
7 0

 中国政府は30日、自国の関税項目数の19%にあたる1585項目について、11月1日から輸入関税率を平均で2・7ポイント引き下げ、7・8%にすると発表した。紡織品や石材、鉄鋼、電気設備などが対象。輸入企業のコストを削減し、消費者の要請にこたえるためとしている。

 米中貿易紛争が激化する中、対外開放の姿勢をアピールし、保護主義的姿勢を強める米国との違いを世界に印象づける狙いもあるとみられる。結果として米国の高関税措置への報復で引き上げた輸入関税の一部が下がるが、互いに高関税をかけ合う対決姿勢に変わりはない。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0