Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

主回転翼交換部品は中古 ヘリ墜落、強度や整備状況が焦点

2018/02/14 7:27
2 0

 陸上自衛隊は14日、佐賀県神埼市の住宅に墜落したAH64D戦闘ヘリコプターに関し、事故前に交換したメインローター(主回転翼)の主要部品「メインローターヘッド」が新品ではなく、中古品だったと訂正した。

 メインローターヘッドは主回転翼の羽根4枚と機体の回転軸をつなぐ部品。上空で破損したとみられ、4枚のうち2枚はヘッドの一部と接合した状態で墜落現場から300~500メートル離れた場所で見つかった。部品自体の強度や整備状況が原因解明の焦点となっている。

出典: nishinippon.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0