Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

乗馬クラブにアンテナショップ 和歌山県、全国27カ所

2018/12/07 8:09
7 0
乗馬クラブにアンテナショップ 和歌山県、全国27カ所

 全国で展開する乗馬クラブ27カ所に、梅やミカンなどの和歌山県産品を販売して魅力を伝える県のアンテナショップ「わかやま紀州館mini」が設置されることになった。現在、県のアンテナショップは東京だけだが、首都圏以外でもPRしたいと、県が協力を呼び掛けていた。

 設置するのは日本最大級の乗馬クラブを経営する「クレイン」(本社・大阪府羽曳野市)。クラブは全国35カ所にあり、会員数は約3万7千人。このうち、宮城県から大分県まで27カ所のクラブ内にコーナーをつくり「わかやま紀州館mini」を順次開設する。県はのぼりやポスターなどを貸し出して販売を支援する。

 県のアンテナショップは、県が県中小企業団体中央会に運営を委託している「わかやま紀州館」が東京都千代田区の東京交通会館内に設置しているほか、みなべ町商工会が運営する姉妹店が東京都世田谷区にある。東京以外では、関西国際空港内の姉妹店が昨春に閉店したため、常設店はない。

 「わかやま紀州館mini」1号店は11月4日、「クレイン大阪」(羽曳野市)にオープン。記念に県職員がミカンを無料配布するなどして、大勢でにぎわった。

 同店では、梅干しやみかんジュース、金山寺味噌(みそ)など15品目を販売するほか、魚の干物やミカン、ジャバラ果汁など注文を受けて自宅に届けるカタログ販売もする。観光パンフレットも置く。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0