Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

五重塔、土台の柱が完成 天童・常安寺|山形新聞

2018/04/16 6:36
5 0
五重塔、土台の柱が完成 天童・常安寺|山形新聞

 高さ32.7メートルの五重塔の建立が進む天童市久野本1丁目の常安寺(松岡康雄住職)で、永代供養塔を守る土台の柱が完成し、15日に「立柱式」が行われた。

 2016年9月に着工し、今春から足場を組み、建て方が始まった。1780年代の天明年間に建てられ墓地南側にあった永代供養塔(五輪骨塔)を、五重塔初層の中心に安置し、16本の土台柱で囲んだ。使用されている木材は全て青森産ヒバだ。

 式には総代や世話人、設計、工事関係者ら約50人が参列。移設した供養塔のさらしを取り仏像を鎮座してから、代表者が焼香した。松岡住職は「230年前の五輪骨塔が安置された。二層、三層と建ち上がっていく塔が、地域のよりどころになれば」とあいさつ。監修に当たった東大生産技術研究所の腰原幹雄教授は「地域のシンボルが出来上がる過程を温かく見守ってほしい」と述べた。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0