Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

井岡、5度目防衛へ 23日ダブル世界戦

2017/04/21 13:06
7 0

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチが23日、エディオンアリーナ大阪で行われる。世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者で5度目の防衛を目指す井岡一翔(井岡)は、同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)と対戦。勝てば、具志堅用高の国内男子世界戦最多勝利数14に並ぶ。世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位で世界初挑戦の大森将平(ウォズ)は、同級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)に挑む。

 井岡の優位は揺るがない。相手の動きを見極めながら多彩なパンチを打ち分け、ペースをつかむだろう。右ストレートが武器のノクノイは61連勝中ながら、30歳で初の世界戦。経験の差も歴然としており、井岡の4連続KO防衛の可能性は高いとみる。戦績は井岡が21勝(13KO)1敗、ノクノイが62勝(38KO)4敗。

 2015年12月に対戦した際は、タパレスが二回TKO勝ち。その試合でプロ唯一の黒星を喫した大森は、パンチを打ち終わった後の動き方など防御技術を磨いてきた。王者はスピードがありカウンターも脅威だけに、距離を取りながら後半勝負に持ち込みたい。戦績は大森が18勝(13KO)1敗、タパレスが29勝(12KO)2敗。

出典: mainichi.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0