Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

内装一新、独自商品も 白浜・千畳敷の土産店

2018/10/02 8:13
9 0
内装一新、独自商品も 白浜・千畳敷の土産店

 和歌山県白浜町の千畳敷にある土産店・レストラン「茜・千畳茶屋」は、民間業者による運営を始めた。独自の商品を多くそろえており、辻浩美店長は「来てくれた人に満足してもらえるサービスを提供していきたい」と話している。

 店舗は町の100%出資会社「白浜観光自動車道」が運営していたが、民間に任せることにし、公募による審査で、同町の「清新通産」(大江敦紀代表)が運営事業者に決まった。同社は2012年6月から店舗2階を借りてレストランを営んでいた。

 土産を販売する1階は内装を一新した。店内で作るおかきや団子などを並べている。飲食スペースではソフトクリームやハンバーガーなどが楽しめる。ハンバーガーにはマグロのカルパッチョや熊野牛のコロッケも使っている。「白浜産、和歌山産の食材を多くして、ここでしか食べられないものを楽しんでもらいたい」との思いがあるという。今後、新しい商品の開発にも取り組むという。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0