Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

「切れてくれ」満塁弾見上げた星稜 強打刻み壮絶に去る

2018/08/12 10:27
6 0

 1死から1年生の内山が右前安打で出ると、続く南保は「全打席、ストレートを狙ってフルスイングしてきた」。その信念は土壇場でも変わらない。初球を右前へ思い切り引っ張り、竹谷につなぐと、主将も「気持ちで打った」。初球を中前へ打ち、まず1点。さらに2死一、二塁で鯰田も初球を左前適時打とし、延長戦へ持ち込んだ。

 「強打」をひっさげ、甲子園に乗り込んできた。石川大会の決勝は大会新記録の7本塁打。南保の大会5本塁打も、OBの松井秀喜さんを上回る新記録。100回大会の優勝旗を奪う力は間違いなく、あった。

 この日も途中までは理想の展開。だが、エース奥川の足がつって四回に降板。継投で最後を締める予定だった竹谷も足がつり、八回の猛反撃を食らった。

 自らの頭上。右翼線を飛ぶ最後の満塁弾を「ずっと、『切れてくれ』って思いながら見ていました」と竹谷。「すっきりしているというより、悔しさが強いですね」と目を真っ赤にしながら笑みを作った。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0