Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

前場の日経平均は3日続落、上昇一服後に売られ年初来安値を更新

2018/02/14 3:13
3 0

[東京 14日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比135円39銭安の2万1109円29銭となり、3日続落した。前日の米国株が小幅ながら上昇したことで、序盤は買い戻しが優勢となった。上げ幅は一時100円を超えたが、円高基調の継続が重しとなり軟化した。今晩発表される米1月消費者物価など米経済指標への警戒感は強く、ポジション整理の売りに押される形で6日に付けた取引時間中の年初来安値を更新した。

TOPIXは前日比0.72%安で午前の取引を終了。東証33業種中、値上がりしたのは石油・石炭など3業種にとどまった。下落率トップは海運。午前中の東証1部売買代金は1兆5162億円だった。

寄り前発表の日本の2017年10─12月期実質国内総生産(GDP)1次速報は年率換算でプラス0.5%となり、事前予測のプラス0.9%を下回った。寄り付き時点で市場の反応は限定的だったが、投資家の強気心理が委縮する中、やがて売り材料として位置づけられた。

市場では「米消費者物価の反応を見極めたいところ。ドル/円も107円に入っており手掛けにくい」(東洋証券ストラテジストの檜和田浩昭氏)との声が出ている。日経平均ボラティリティ―指数.JNIVは足元で31ポイント台と高止まりしている。

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0