Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

【動画】猛毒キケン!キレイだけど触っちゃだめ 青い宝石・オオマルモンダコ〈沖縄・海の生き物たち Vol. 1 〉

2018/04/16 3:00
2 0

沖縄の浅い潮だまりの岩陰に、小さな柔らかい生き物が隠れています。海藻にまぎれて、じっとしていると気づかない。でも、ふと近づくと、鮮やかな青いリングを煌めかせ、宝石のように美しい…。オオマルモンダコ、有名なヒョウモンダコの仲間です。ヒョウモンダコの模様は、頭(本当は胴体)がライン状で足の部分がリング状ですが、オオマルモンダコは全身がリング状です。

胴体はわずか2cm足らず。これで大人の大きさです。皮膚には色素胞という細胞があり、周りの筋肉で伸ばしたり縮めたりして体の色を変えるほか、皮膚の形も滑らかにしたり、海藻そっくりの細かいでっぱりを作って周囲にまぎれたり。

唾液にテトロドトキシンという猛毒を持ち、これで小型のカニなどを捉えます。フグ毒と同じなので、人が噛まれたら死にます!ところが、コウイカの仲間がこのタコを食べる映像を見ました。コウイカには毒が効かないんでしょうか。

毒を持つ生き物は、自分を目立たせて、これ以上近づくな!というアピールをすることが多いです。青いリングもその印。絶対に手を出さず、その美しさを眺めるだけにしておきましょう。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0