Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

北朝鮮のミサイルが日本上空を通過、「重大な脅威」と安倍首相

2017/08/29 0:36
5 0
北朝鮮のミサイルが日本上空を通過、「重大な脅威」と安倍首相

[東京 29日 ロイター] - 北朝鮮は29日早朝、同国西岸から弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは日本上空を通過し、北海道襟裳岬の東方約1180キロの太平洋上に落下した。事前通告なく日本を飛び越える打ち方をしたことで、北朝鮮を巡る緊張は一段と高まった。

北朝鮮のミサイルが日本本土の上空を通過したのは2009年以来。事前通告なしに通過させたのは初めて。安倍晋三首相は記者団に、「我が国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威」と述べた上で、国連安全保障理事会の招集を要請した。

北朝鮮がミサイルを発射したのは午前5時57分ごろ。日本政府によると、ミサイルは日本上空を通過し、3つに分離して北海道襟裳岬の東方約1180キロに落下した。領土への落下物は確認されておらず、迎撃ミサイルによる破壊措置は実施しなかった。韓国軍によると、ミサイルは2700キロメートル飛行、高度は550キロに達した。

日本、韓国とも国家安全保障会議(NSC)を開催した。菅義偉官房長官は会見で、「北朝鮮に厳重に抗議し、最も強い言葉で断固として非難した」と語った。

北朝鮮はミサイル発射を繰り返しているが、日本本土の上空を通過するミサイルを発射したのは09年4月以来3度目。12年と16年には沖縄県上空を通過させている。いずれも「人工衛星」打ち上げのロケットと称し、国際社会に事前通告していた。

小野寺五典防衛相は記者団に、「まったく日本に通告なしでこのようなミサイル発射を行うのはたいへん危険な行為。我が国に対する安全保障上の懸念がいっそう強まった」と語った。

河野太郎外相は、関係国に電話会談を申し入れたことを明らかにした上で、「今まで以上の圧力をかける必要がある」と述べた。英国のジョンソン外相はツイッターに、北朝鮮のミサイル発射という「無謀な挑発行為」に「憤りを感じる」と投稿した。

北朝鮮は8月9日、米空軍のアンダーセン基地があるグアム周辺へのミサイル発射を予告していた。日本の中国・四国地方上空を通過させるとしていたため、日本は万が一の落下物に備え、高知県、愛媛県、広島県、島根県に迎撃ミサイル「PAC3」を展開していた。

また、お読みください。 北朝鮮、2カ月以上挑発なし なぜか? ICBM技術、財政難、米空母のせい?:イザ!

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0