Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

北朝鮮ミサイル発射、太平洋上に落下 被害情報なし TBS NEWS

2017/08/29 0:34
2 0

 29日午前6時ごろ、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射しました。ミサイルは北海道上空を通過し、襟裳岬沖の東、1180キロの太平洋上に落下しました。

 政府は29日午前5時58分ごろ、北朝鮮から弾道ミサイル1発が発射され、午前6時7分ごろ北海道の上空を通過したと発表しました。菅官房長官は緊急の記者会見を行い、「ミサイルは襟裳岬の東1180キロの太平洋上に落下した」と述べました。これまでのところ、日本領域内の落下物は発見されておらず、船舶などの被害も確認されていないということです。

 菅官房長官は弾道ミサイルが日本上空を通過したことについて、「これまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と強調、北朝鮮に対し厳重に抗議し、最も強い表現で断固非難したことを明らかにしました。

また、お読みください。 <社説>テロ支援国家再指定 北朝鮮の反発招くだけだ

出典: news.tbs.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0