Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

台風で運休や欠航、交通乱れる 道路冠水や停電も相次ぐ : 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/09/30 13:39
6 0

 台風24号の影響で、岡山県内は30日、強い雨や風に見舞われ、JR在来線が全線で運休するなど、空や海の便を含めて交通機関が乱れた。冠水などによる道路の通行止めや停電も相次ぎ、県民生活を直撃した。

 岡山地方気象台によると、午後9時までの24時間降水量は真庭市蒜山上長田196・0ミリ、井原市185・0ミリ、鏡野町上斎原169・0ミリなど多くの地点で100ミリを超えた。最大瞬間風速は岡山市中心部で31・8メートル(同6時47分)、奈義町で30・0メートル(同8時28分)を観測した。

 県内のJR在来線は午前中に姫新、因美など4路線で順次運転を取りやめ、午後2時台までに瀬戸大橋、津山線など残る6路線も運休。山陽新幹線は同2時台に岡山駅を出た列車を最後に運転を見合わせた。

 岡山駅には運休を知らせる掲示板が設置され、改札口は閑散とした。桃太郎線(吉備線)で帰宅する予定だった岡山市北区、会社員男性(28)は「朝は利用できたので帰りも動いていると思った。タクシーで帰るしかない」と話した。

 井原鉄道の井原線も終日運休。水島臨海鉄道は正午すぎから上り線、午後1時から下り線の運転を見合わせ、旅客と貨物の計48本が運休し、約1500人に影響した。

 高速道路は午後9時現在、瀬戸中央自動車道の児島インターチェンジ(IC)―坂出IC間、岡山自動車道の岡山総社IC―北房ジャンクション(JCT)間など5区間が全面通行止め。県管理の一般道は同8時現在、冠水や土砂崩れの恐れがあるとして、高梁市など県北西部を中心に37カ所が全面通行止めとなっている。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0