Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

台風21号による新たな通行制限なし 熊野古道

2018/09/07 8:01
16 0
台風21号による新たな通行制限なし 熊野古道

 和歌山県田辺市は6日、世界遺産・熊野古道中辺路について、台風21号による新たな通行制限はないと公表した。倒木はあったが、崩落は確認していない。市は「一部区間を除き、古道歩きを楽しんでもらえる」と話している。

 熊野古道中辺路は8月の台風20号により、高原熊野神社—牛馬童子口バス停、小広王子—発心門王子、赤木越(湯の峰温泉—赤木越分岐)、潮見峠(捻木ノ杉—潮見峠)で一部通行規制している。市は台風21号通過後の5日、古道を歩いて調査した。規制区間は復旧していないものの、新たな問題は見つからなかったという。

 古道歩きは9月下旬から11月上旬が最盛期。市観光振興課は「風が強かったので、倒木や折れた枝はあったが、撤去を進めている。古道歩きの際は十分気を付けてほしい」と呼び掛けている。市はホームページで熊野古道の通行規制箇所を公開している。

 台風20号で被害の大きかった本宮町の川湯温泉では、宿泊施設の一部が営業を再開。公衆浴場は休業中。湯の峰温泉はつぼ湯は休業中だが、公衆浴場は再開している。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0