Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

台風24号で記録的暴風、流され1人不明 東日本縦断へ

2018/09/30 10:39
5 0

 非常に強い台風24号は30日、西日本を暴風域に巻き込みながら北上し、九州では記録的な暴風や猛烈な雨になった。朝日新聞の取材では、宮崎県で1人が用水路に流されて行方不明になり、九州・沖縄・山口の各県で30日午後6時までに計66人が重軽傷を負った。

 台風24号は同日夜に四国か紀伊半島に上陸し、東日本と東北を縦断する見通し。10月1日昼過ぎにかけて東北と北海道で暴風や大雨の恐れがあり、気象庁は厳重な警戒を呼びかけている。

 30日の最大瞬間風速は鹿児島県十島村で54・6メートルと観測史上最大を更新。宮崎県高鍋町で1時間降水量が96・0ミリに達するなど、各地で50ミリ以上の非常に激しい雨となった。

 台風24号は30日午後5時現在、高知・室戸岬の南約60キロにあり、北東へ時速約45キロで進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル。非常に強い勢力(最大風速44メートル以上、54メートル未満)のまま上陸すれば、1993年以来、25年ぶりだった9月4日の台風21号に続き、今年2回目。1日明け方にかけ、強い勢力(同33メートル以上、44メートル未満)で関東甲信や東北に接近、通過する見込み。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0