Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

【台風8号】北北西に進み、本島と先島は10日ごろから影響

2018/07/07 13:56
5 0
【台風8号】北北西に進み、本島と先島は10日ごろから影響

 午後9時にはマリアナ諸島付近にあり、中心の気圧は925ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。8日には中心気圧915ヘクトパスカルまで発達する見込み。

 9日には沖縄の南海上に到達する見込みで、大東島地方は9日から荒れた天気となり、沿岸の海域ではうねりを伴って大しけとなる。沖縄気象台によると沖縄本島地方と先島は10日ごろから強い風など影響が出始めるとみられる。

 沖縄地方の沿岸海域では8日はうねりを伴って次第に波が高くなり、波浪注意報が発令される可能性がある。9日は大東島地方は大しけ、沖縄本島地方でもしける見込み。気象台は今後の警報などへの注意を呼び掛けている。

また、お読みください。 【台風10号・21日午前4時現在】北大東空港で最大瞬間風速31・4メートル 沖縄本島最接近21日朝から昼前

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0