Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

和気あいあい南陽ロケ ミステリー映画「鈍色のキヲク」|山形新聞

2018/05/14 5:10
66 0
和気あいあい南陽ロケ ミステリー映画「鈍色のキヲク」|山形新聞

 南陽市を舞台にしたミステリー映画「鈍(にび)色のキヲク」の市内での撮影が13日、赤湯温泉街で始まった。2016年に同市で撮影した映画「いのちあるかぎり 木田俊之物語」(渡辺豊監督)の製作スタッフが手掛け、15日まで市内各地でロケを行う。

 木田俊之物語は、筋ジストロフィーと闘いながら歌手活動を続ける木田さんの半生を描いた。人々の温かさに感銘を受けた製作スタッフが「地域に恩返ししたい」と、再び同市を撮影地に選んだ。

 「鈍色のキヲク」は、亡き父が残した写真を通じて娘が真実をひもといていく物語。今年2月に脚本づくりを始動し、先月23日に東京でクランクインした。主演の娘役は元SKE48の大矢真那さん(27)、父親役は俳優の布施博さん(59)が演じる。

 この日は温泉街の一角にあるスナックでロケが行われ、娘が母親の実家がある南陽市を訪ねるシーンを撮影した。木田さん夫妻もスナックの客として特別出演。即興の演技も交え、和気あいあいと撮影が進んだ。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0