Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

国連安保理、緊急会合開催で調整 TBS NEWS

2017/08/29 1:28
2 0

 日本上空を通過した北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、国連の安全保障理事会は日本やアメリカなどの要請を受け、緊急会合を開催する方向で調整を進めています。

 北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受け28日、ニューヨークの国連本部では日本の別所国連大使ら各国の大使が足早に議場を後にする姿が見られました。

 その後、日本とアメリカ、韓国は合同で安保理の議長国エジプトに対し、緊急会合の開催を要請し、近く開催する方向で調整が進められています。緊急会合では、安保理の警告を無視して核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、非難声明の発表も含め、どのような対応をとるのか協議するものとみられます。

 一方、ニューヨークにある北朝鮮の国連代表部前では幹部らが記者団の問いかけには答えず、無言でビルを後にしました。北朝鮮は21日から行われている米韓合同軍事演習に強く反発していて、安保理議長宛てに緊急議題として取り上げるよう要求する25日付けの書簡を送っています。

 書簡では演習について「国際平和と安全に対する重大な脅威だ」と非難したうえ、「アメリカが敵対意思をさらけ出した以上、その対処は自衛的権利であり、アメリカは破局的な結果について責任を負うことになるだろう」としています。

出典: news.tbs.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0