Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

夏の甲子園第100回、指定席通し券6月20日から発売

2018/06/14 2:09
4 0

 第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日開幕、阪神甲子園球場)の前売り入場券は中央特別指定席通し券を6月20日から、そのほかを7月18日から販売します。

 今回から、外野席を有料とするため、外野自由席の入場券(当日券のみ)が必要になります。バックネット裏は中央特別指定席とし、すべて前売り・指定席になります。

 入場券は大きく分けて4種類あります。「当日券」はお客様が阪神甲子園球場に来場された日に窓口で購入できます。ほか3種類は前売りで、希望日のみ入場できる「単日券」、開幕日から決勝日までの入場券をまとめた「通し券」、そして「企画席券」があります。子ども料金がある場合、その対象は4歳~小学6年生です。

 【当日券】球場開門と同時に窓口で販売を始めます▽一・三塁特別自由席2千円(子ども800円)、アルプス席800円、外野自由席500円(子ども100円)▽車いす席は全席種に設けていますが、席数に限りがあって予約や場所取りはできません。ご本人と付き添いの方2人までの料金が半額です。来場当日、大会本部窓口にお越しください。

 中央特別指定席は2800円。当日券はありません。座席を個別指定することはできませんが、好みのエリアを10エリアから選ぶことができます。発券される際に座席番号が分かります。一度に5枚まで購入でき、並びの席にならない場合はメッセージが出ます▽一・三塁特別自由席は2千円(子ども800円)。売り切れの際は当日券をお買い求めください。一度に5枚まで購入可能です。

 【前売り通し券(連券)】中央特別指定席の一部を通し券エリアとし、座席は大会期間中、同じ席になります。料金は4万4800円▽販売は6月20日午前10時から7月1日まで。チケットぴあ、ローソンチケットのサイトでのみ購入可能です▽単日券と同様、好みのエリアを10エリアから選ぶことができます。通し券は宅送され、その際に座席番号が分かります。一度に2連まで購入できます。

 一・三塁特別自由席は3万2千円で、店頭販売します▽「第1日~第3日」が3枚、「第4日~第7日」が4枚あります。例えば、「第1日~第3日」をまとめて使えば、3人一緒に同日入場できます。「第8日」以降は単日券となります▽販売は7月18日~31日、東京=朝日旅行東京支店、エスポートミズノ、札幌=朝日サービス、名古屋=朝日ビルディング名古屋支店、大阪=梅田阪神プレイガイド、ミズノオオサカ茶屋町、久保田運動具店、兵庫=三宮阪神プレイガイド、朝日ビルディング神戸支店、京都=朝日ビルディング京都支店、福岡=阪急交通社福岡団体支店、朝日販売サービスで。

 ボックス席は一・三塁特別自由席に計28あり、4人席が1万円と1万1千円の2種類、5人席が1万2500円、1万3500円、1万5500円の3種類▽マス席は一・三塁特別自由席に計4あり、座敷タイプ。5人席が1万4500円、6人席が1万8千円▽ボックス席、マス席とも柱で見えにくい場所もあるため、チケットぴあのサイトで見え方を確認してご購入ください。

 ペア席は中央特別指定席の最上段に計10あり、各7千円。三塁特別自由席の上段には計6あり、各6千円。販売はチケットぴあ、セブン-イレブン▽アルプスデッキ席は一・三塁のアルプス席最上段に連なって2区画ずつあり、1区画は定員16人で1万9200円。ローソンチケットで販売する引換券を来場当日、大会本部窓口で入場券と引き換えます。

 【問い合わせ】8月3日までは朝日新聞大阪本社の高校野球大会準備室(ナビダイヤル0570・055・890=土日曜・祝日を除く午前10時~午後6時)へ▽8月4日からは球場内の大会本部にて同じナビダイヤル番号で受け付けます。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0