Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

夏休みは毎日開店 田辺市内のこども食堂

2018/08/10 8:03
6 0
夏休みは毎日開店 田辺市内のこども食堂

 和歌山県田辺市上の山1丁目の運送業「光運送」(高松光代社長)は、事務所1階で毎週末に開いている「こども食堂」を、小学校の夏休みに合わせて毎日開店している。高松社長は「遠慮せず、気軽に来てもらえたら」と話している。

 こども食堂は、家で十分な食事が取れなかったり、1人でご飯を食べたりしている子どもたちに温かい食事を提供する取り組み。光運送は2016年11月にこども食堂を開設。事務所1階の社員用食堂を使い、学校の給食がない毎週土曜と日曜の午前11時〜午後2時に開いている。

 食堂は、田辺市を拠点にスーパーマーケットを展開する「たかす」(鷹巣豊社長)の協力で食材を提供してもらっているほか、自社の持ち出しなどで営業。子どもだけでも利用できるよう、基本的に小、中学生は無料。親子で利用する場合、保護者の料金は300円。

 夏休み中も料金は同じで、期間は9月4日まで。時間は午前11時〜午後2時。オムライスや焼きめし、カレー、鶏の唐揚げなど、子どもが喜ぶメニューを中心に出す予定という。

出典: agara.co.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0