Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

奥羽、羽越フル規格化要望へ6県PT発足 山形で初会合、19年度めどに最終報告|山形新聞

2017/08/10 0:01
3 0
奥羽、羽越フル規格化要望へ6県PT発足 山形で初会合、19年度めどに最終報告|山形新聞

 奥羽、羽越両新幹線のフル規格整備を目指し、両新幹線の沿線6県で構成する合同プロジェクトチーム(PT)が9日、発足した。山形市のホテルメトロポリタン山形で同日、第1回会合を開き、沿線エリアの地域ビジョンや費用対効果、整備手法の3項目について、調査・検討を進めることを確認した。PTの調査・検討内容は、整備促進に関する政府への要望活動などに活用する考えで、2019年度をめどに最終報告書を取りまとめる。

 PTは山形、青森、秋田、福島、新潟、富山の6県の課長級で構成。奥羽、羽越両新幹線の建設促進同盟会の事務レベル組織を統合する形で設置した。検討するのは▽両新幹線を活用した地域ビジョン策定▽両新幹線の費用対効果算出▽整備手法の研究―の3点。2~3カ月に1回のペースで会合を開き、次回は今年10月ごろに秋田県で開催する。

 初会合には約20人が出席。本県の中山正弘企画振興部長が「政府に対し、より説得力のある提案をしたい。6県の知恵を結集し、取り組みを一層、力強く進めたい」とあいさつ。その後は非公開で検討項目や今後のスケジュールなどを確認、協議した。

 県総合交通政策課によると、北海道新幹線、北陸新幹線の開業とJRから経営分離された並行在来線の運営などを背景に、沿線各県で政策課題の優先順位に違いはあるものの、奥羽、羽越両新幹線の整備促進という方向性を共有。新幹線整備を地方創生の基盤と位置付け、東北地方や日本海側の将来像をPTで議論することを確認したとしている。

 福島―秋田間の奥羽新幹線、富山―青森間の羽越新幹線は、1973(昭和48)年に国が基本計画に位置付けたが、40年以上が経過した現在も進展がない。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0