Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

宮古総実、エコの島大賞 地下水保全+伝統漁→特製ソース開発

2018/02/10 3:50
10 0
宮古総実、エコの島大賞 地下水保全+伝統漁→特製ソース開発

 【宮古島】宮古島市は4日、市民参加型の環境保全イベント「第2回エコの島コンテスト」をJTAドーム宮古島で開催した。環境保全などの活動をする8団体がブースを出展し、来場者や審査員が審査をした。最高賞に当たる「エコの島大賞」には、県立宮古総合実業高校の生徒らが取り組んだ「グルクンとそばの実で宮古島を守る~地域と連携したソース作り~」が選ばれた。

 宮古総実の生徒らは、市民の生活用水となる地下水の保全と伊良部島の伝統漁法「アギヤー漁」の低迷を課題に挙げ、商品開発に取り組んだ。宮古島で栽培されている、地下水に悪影響を与える窒素を吸収するソバと、アギヤー漁で漁獲されるグルクンを材料に用いて、特製ソース「グルっと♪ガーリックン」を地元企業と連携して開発した。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0