Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

寄り付きの日経平均は反落、タカ派寄りのFOMCや貿易摩擦に警戒

2018/06/14 0:18
6 0

[東京 14日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比123円42銭安の2万2842円96銭となり、反落して始まった。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げペースの加速を示唆して米株価が下落した流れを引き継いだ。為替が円高気味に推移していることも重し。このほか、米政府が追加関税を課すとしている中国製品について15日の公表期限が迫っており、改めて貿易摩擦のリスクが意識されやすい。

業種別には、下落率トップはパルプ・紙。これに鉱業、その他製品、ガラス・土石、医薬品が続いている。一方、東証33業種のうち上昇しているのは海運と水産・農林の2業種のみ。

出典: jp.reuters.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0