Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

小林幸子「光見えた…」年下夫がiPS細胞で世界レベルの偉業

2017/12/05 5:00
1 0
小林幸子「光見えた…」年下夫がiPS細胞で世界レベルの偉業

「私は再生医療はもちろん、医学のことはまったくわかりませんが、夫がずっと地道にやってきていたことは知っています。ですから、今回の成功は本当にありがたい、うれしいなと思っているんです」と本誌に歓びの声をあげたのは、小林幸子(63)。

11月23日、東京慈恵医科大の横尾隆教授らのグループが、iPS細胞を使って“尿を作る”機能を持つ腎臓の再生に成功したと発表された。英国の権威あるオンライン科学誌『ネイチャー・コミュニケーションズ』に論文が掲載され、世界的に注目される“夢の治療法”につながる業績だという。

じつは今回の研究に当初から協力してきたのが、小林の8歳年下の夫で再生医療会社社長の林明男さんなのだ。小林と結婚して6年めになる林さん。だが、2人は結婚当初に壮絶なバッシングにさらされた。

だがレコード会社との契約も解除となり孤立無援になった小林は、それでもへこたれなかった。4年かかって紅白にも“復活”。ニコニコ動画やコミックマーケットなど、これまでの演歌歌手では考えられない分野にまで進出し、若者に“ラスボス”の愛称で親しまれるまでになったのだ。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0