Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

山形大天文台の愛称は「ニクニドーム」 川崎の企業が命名権者に|山形新聞

2018/02/10 5:37
2 0
山形大天文台の愛称は「ニクニドーム」 川崎の企業が命名権者に|山形新聞

 山形大は9日、山形市の小白川キャンパスに設置されている「理学部やまがた天文台望遠鏡ドーム」のネーミングライツスポンサー(命名権者)に、ポンプ製造などのニクニ(川崎市)が決まったと発表した。理学部によると、天文台施設で命名権者制度が導入されるのは全国初という。

 契約期間は2018年4月~21年3月の3年間。新たな愛称は「ニクニドームやまがた」となる。同社は朝日、白鷹両町に生産拠点を構え、同大の卒業生30人程度が就業している。天文台の運営に携わるNPO法人に同大OBの社員が参加していることも、名乗りを上げるきっかけとなった。

 来月22日に調印式と看板の除幕式を行い、契約金額などの詳細を説明する。得られた収益は、施設のメンテナンス費などに充てられる予定。天文台ドームは毎週土曜日に一般公開しており、広く市民に親しまれている。同社にとっては、企業イメージの向上などが期待される。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0