Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

山形市の初市、多くの人でにぎわう 夜は花火大会も|山形新聞

2018/01/10 11:48
6 0
山形市の初市、多くの人でにぎわう 夜は花火大会も|山形新聞

 江戸時代初期から連綿と続く山形市の初市が10日、同市の十日町、本町、七日町の国道112号とその周辺で開かれた。時折、強く雪が舞う中、軒を連ねた露店では色とりどりの団子木や木工品、野菜などが並べられ、縁起物を買い求める多くの人でにぎわった。

 山形市中心部で10日に開かれた初市。歩行者天国となった通りに約250軒の露店が並び、多くの人が行き交った。県民ふれあい広場(県立中央病院跡地)などでは、めん類や鍋物などの出店が並ぶウインターフェスティバル、夜の花火大会では大小約2千発の花火が打ち上げられ、冬の山形に活気と彩りを演出した。

 初市では、初あめや団子木、だるまといった縁起物のほか、県納豆組合などの福袋、きね・臼、まな板といった木工品、山形打刃物などが売られた。宮城県塩釜市の塩辛や干し物などが並ぶコーナーもあり、客は熱心に品定めしていた。

 民俗文化サークル四方山(よもやま)会の餅つき踊りも披露され、力強く小気味よいパフォーマンスで観衆を楽しませた。河合克行会長(69)は「米文化を子どもたちに伝え、みんなに幸せが訪れるようにと思いを込めた」と語った。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0