Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

山陽高のカフェ1日にオープン 浅口に完成、生徒が調理や接客: 山陽新聞デジタル|さんデジ

2018/09/30 4:15
3 0

 食について学ぶ生徒の実践学習の場にしようと、おかやま山陽高校(浅口市鴨方町六条院中)が学校近くの敷地に整備していたカフェが完成、10月1日にオープンする。調理、製菓科の生徒がアルバイトでキッチン、ホールスタッフを務める。

 店名はフランス語で「新鮮な」という意味にちなんだ「カフェ・フレ」。木造平屋86平方メートルの店内に28席、屋外テラスに12席を設けている。敷地は同校創設者(故・原田林市氏)の孫で、医師の原田英樹さんから無償で借り受け、建設費の大半も英樹さんからの寄付で賄った。

 運営に当たるのは、同校調理科卒業生の合田吉博さんが代表取締役を務めるレストラン運営会社。手延べ麺、桃など浅口市や近隣市町の特産品を使ったランチを提供する予定で、生徒たちは放課後や休日に調理や接客に励む。生徒が考案したメニューの提供も計画しているという。

 オープンを控えた26日には、アルバイト予定の生徒約10人が店に集合。合田さんから「笑顔を大切に」などと接客の心構えを学んだ。調理科1年男子生徒(16)は「自宅の近くには適当なアルバイト先がなかったので助かる。お客さんに喜んでもらえるよう頑張りたい」と話した。

出典: sanyonews.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0