Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

平和願う心 音色に乗せ 被爆ピアノと被爆アオギリ二世 西原の塔演奏会で対面実現

2018/06/21 2:41
35 0
平和願う心 音色に乗せ 被爆ピアノと被爆アオギリ二世 西原の塔演奏会で対面実現

 【西原】1945年8月6日の広島市への原爆投下で被爆した「被爆ピアノ」が3日、沖縄県西原町翁長にある西原の塔で「被爆アオギリ二世」と対面した。被爆ピアノを保管する矢川光則さん(66)は「奇跡の出会いだ」と話し、ピアノとアオギリ二世の出会いを「広島の人に伝えたい」と話した。

 被爆ピアノは、同日の第28回西原町平和事業「『平和の約束』~『被ばくピアノ』が奏でる平和の約束」のため、町に運ばれた。被爆アオギリ二世は原爆投下で被爆したが、翌年に芽吹いたアオギリの種から育てられたもの。西原の塔には2003年に植樹された。

 アオギリ二世が植樹されていることを知った矢川さんの希望で、被爆ピアノとの対面が実現した。西原の塔では、ピアノ講師の佐藤礼子さん(43)が被爆ピアノを演奏した。佐藤さんは「ピアノは、長い旅を経て慰霊の音色を届けに来た。『弾かせていただきます』という敬意と、戦没者への祈りを込めて、手を合わせ『芭蕉布』を弾いた。私ではなくピアノが歌って聞かせてくれた」と語った。

 町民主体の手作りコンサートとなった「『平和の約束』~『被ばくピアノ』が奏でる平和の約束」は午後3時に開演。原爆を乗り越えたピアノが奏でる音色は、平和を大切にする心を優しく力強く伝えた。

 1部では町子ども会育成連絡協議会のメンバーが平和メッセージを宣言。西原南小学校合唱隊は広島市立大州中学校3年生有志が作詞した「ねがい」を歌った。

出典: ryukyushimpo.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0