Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

【平昌五輪】スノボ男子HP平野選手へ学びやからエール 小国・横根スキー場関係者、頼むぞ連続メダル|山形新聞

2018/02/13 2:03
4 0
【平昌五輪】スノボ男子HP平野選手へ学びやからエール 小国・横根スキー場関係者、頼むぞ連続メダル|山形新聞

 平昌冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ(HP)で2大会連続のメダル獲得を狙う平野歩夢選手(19)(木下グループ)=新潟県村上市出身=は、小国町の横根スキー場に通い、技を磨いた。成長を見守り、共に喜んできた同スキー場関係者は活躍に期待を膨らませている。

 同スキー場のHP整備を担当する高橋恒行さん(66)=同町小国小坂町=は、前回ソチ五輪の銀メダリスト平野選手を4歳の頃から見てきた。兄に連れられて来た当時を「雪に足をとられて転がり落ちていた」と思い起こす。1999年からHP整備に携わり、平野選手が来るようになったのはその数年後という。高橋さんも当初は手探り状態での整備で、平野選手の歩みと共に技術を高めてきた。

 「こだわって整備しているとスノーボーダーから気持ちよく滑れるとの声をもらえるようになった」と話す。仕上がりが悪いともめたりもしたと振り返り、「HPはボトム(底)とアール(壁面)のつながりが命だ」と入念な整備を毎日欠かさない。「長年やっていると、選手の滑りを見れば調整がうまくいったかどうかが分かる。満足いく出来だったときは、わざと『今日のHPはどうだ』と聞いたりもしたね」と笑った。

 平野選手が練習に訪れたときにも、壁の角度などを要望に合わせて整備し、成長を支えてきた。13日の予選、14日の決勝に臨む平野選手に対し「歩夢は楽しんで滑っているときはいい演技をする。プレッシャーはあると思うが、楽しんできてほしい」と声援を送った。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0