Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

【平昌五輪】鈴木(山形中央高出)が涙、遠かった1点|山形新聞

2018/02/20 1:33
2 0

 【平昌=報道部・五十嵐聡】フリースタイルスキーの女子ハーフパイプ(HP)は予選が行われ、本県関係では鈴木沙織(城北信用金庫・山形中央高出)が71.80点で14位となり、上位12人による決勝進出を逃した。鈴木は1本目で69.20点、2本目で71.80点を出したが、決勝進出圏内の12位には1点及ばなかった。

 「応援の皆さんに胸を張って『決勝に行けたよ』と言いたかった」。鈴木沙織(城北信用金庫・山形中央高出)にとって初の五輪は、上位12人による決勝進出を逃すほろ苦いものだった。演技後こそ笑顔を振りまいたが、取材エリアでは悔し涙が止まらなかった。

 1本目は69.20点。大きなミスはなかったものの点数が伸びず焦りを自覚した。「ジャッジ(採点)は高さを重視している」と分析。やや構成を変えた2本目はよりエアを意識し、難度の高い後ろ向き踏み切りからの2回転も決めた。それでも71.80点と決勝進出圏内に届かなかった。「高さはあったけど、まとまりがなかった」。空中で板をつかむ技のグラブや両脚をそろえる点など、細かい部分で「質が低かった」と唇をかんだ。

出典: yamagata-np.jp

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0