Receive up-to-the-minute news updates on the hottest topics with NewsHub. Install now.

愛知V、原動力は憧れの「亜由子さん」の背中 女子駅伝

2019/01/13 10:01
32 0

 親指と人さし指をぴんと伸ばした右手を突き上げ、鈴木亜由子(日本郵政グループ)が笑顔でゴールテープを切った。自身がアンカーとして逆転優勝した3年前以来2度目の栄冠。「前回は人さし指1本だったんで、2本に」。余裕の優勝は、「チーム愛知」の成長の証しでもある。

 並走状態だった京都・一山麻緒(ワコール)の息づかいの変化を背中で感じた。「ついてこられていない」。5・5キロ付近でペースを上げると、一山の姿はみるみる遠くなった。たすきを受けた時は2秒遅れだった差は、1分2秒に広がっていた。

出典: asahi.com

ソーシャルネットワークにおけるシェア:

コメント - 0